1. 車バッテリー調査隊TOP
  2. バッテリー豆知識
  3. 交換を勧められたらまず自分で確認!自動車バッテリーの正しい点検方法

交換を勧められたらまず自分で確認!自動車バッテリーの正しい点検方法

自動車のバッテリーの点検方法なんて、一般の人ではなかなかわかるはずもありません。
ここではバッテリー交換を勧められた場合に自分で確認できる、自動車バッテリーの正しい点検方法を詳しく解説していきます。

自動車バッテリーの点検方法・目視

まずは、自動車の普段の状態を気にしながらというのが点検方法になります。

つまり、セルモーターの回り方に変化はないか(遅くなっていないか)、バッテリー液の減りが早くなってはいないかなど。

少しでも変化を感じたり、そうでなくても定期的にバッテリーを目視するのは点検方法として正しいのです。
本体にヒビなどがない・液漏れがない・液面がアッパーレベル以下ロワーレベル以上である。

こうした状態であれば、交換を勧められても慌てて交換するほどではないでしょう。

では逆に、どんな状態だったら交換が必要なのか?

自動車バッテリー点検方法・電圧

点検方法、もうひとつは電圧です。

こちらの方法は、まったく知識のない方が自分で点検するのは危険なため、ガソリンスタンド等で無料でチェックしてくれますので、測定だけお願いして数値を確認しましょう。

自分で計測する場合は、エンジンは切っってキーOFFにし、無負荷(ライトやルームランプは消して、ドアも閉めておく)状態で計測します。

目安として、12.6V以上であれば大丈夫。
もし、12V以下まで電圧が落ちているのなら、確かに交換時期でしょう。

注意点としては、こうした目視にしろ、何にしろ、バッテリーの正しい点検方法は「安全に」行うことです。
工具接触でスパークさせない、タバコなどを吸いながら行うのは御法度、分解しないこと。

これらを必ず守り、正しい点検方法で安全に確認を行ってください。

交換を勧められたらまず自分で確認!自動車バッテリーの正しい点検方法に関連するコンテンツ