1. 車バッテリー調査隊TOP
  2. バッテリー豆知識
  3. 自動車バッテリーの交換方法と知っておくべき接続時の注意点

自動車バッテリーの交換方法と知っておくべき接続時の注意点

自動車のバッテリーを自分で安全にする交換方法は??
こちらでは自動車バッテリーの交換方法と接続方法、及び手順の注意点を詳しくご紹介していきます。

自動車バッテリーの交換方法

まずバックアップが必要なものはバックアップをとってエンジンが切れている状態(アクセサリー状態もNG)になっていることを確認。
オーディオのイコライザーやラジオのチューニング等は、バッテリーを外すと電源がなくなり記憶が消去されてしまいますので気を付けて下さい。

そして、ターミナルは必ずマイナスから外します。
このときマイナス端子がプラス端子に絶対に接触しないよう、作業中も気を付けてください。

そのあとプラスターミナルを取り外し、ブラケット固定ナットを緩めてからバッテリーブラケットを引き抜きます。
ゆっくり、丁寧に、配線に引っかからないよう気を付けて。
バッテリーをゆっくりと取り出したら、受け皿を外して洗います。

取り付けるときは、やはり慎重に新品のバッテリーを入れ、バッテリーブラケットをセットしてから固定ナットを締め付けてください。

その後は、プラス端子、マイナス端子の順で接続します。

最後にブラケットや端子の緩みがないか、接続状態を確認して完了です。

自動車バッテリーの接続時注意点

自動車のバッテリーの交換方法として、まず一番気をつけなければならないのがプラスとマイナス。
必ず、マイナスから外して下さい!

マイナスターミナルは元々ボディに接続されているのでボディーと接触しても問題はありませんが、プラスから外してボディーに接触するとショートしてしまい最悪の場合、車両火災につながります。
なので外す時は必ずマイナスから。

あとは外したマイナス端子がプラス端子に絶対に接触しないこと!
これも同じようにショートします。

接続時は逆に、必ずプラスから接続し、まだ接続していないマイナスケーブルがプラス側に接触しないように接続すること。

自動車バッテリーの交換方法と知っておくべき接続時の注意点に関連するコンテンツ