1. 車バッテリー調査隊TOP
  2. バッテリー豆知識
  3. 自動車バッテリーの劣化を最小限に抑える正しい保管方法

自動車バッテリーの劣化を最小限に抑える正しい保管方法

自動車バッテリーの正しい保管方法とは?
保管するだけでも徐々に劣化していってしまうバッテリーの劣化を最小限に抑える正しい保管方法と知っておきたい知恵をご紹介しています。

自動車バッテリーの正しい保管方法

バッテリーは、使用せずにただ置いてあるだけでも劣化していきます。

もうそろそろバッテリーも寿命だなぁと思い、安売りの時に買い置きしておいたバッテリーの性能劣化を最小限に抑えるためには、直射日光を避け、風通しが良い場所に保管しておきましょう。

もしバッテリー購入時の箱があればそれに入れておくか、万が一の液漏れに備えて何か受け皿をしておくといいですね。

また、満充電状態であったとしても、定期的に充電してください。
定期的に充電しておくと、バッテリーの寿命を伸ばすことができます。

寒冷地であれば、寒い時期には古い毛布などでくるんでおく(上部は開けておく)ことをオススメします。

自動車バッテリーの劣化を最小限に抑えるには?

自動車バッテリーは、かならず劣化していくもの。

自動車バッテリーは生ものと考え、劣化は進むものだと認識してください。
けど、できるだけ劣化を抑えたいという気持ちもわかります。

そんな場合は、保管している時でも放置させず、定期的に充電することが一番。

バッテリー内の電極には硫酸鉛が少しずつ付着していってしまうのですが、それを防ぐために充電してあげること。
充電をすれば、硫酸鉛はバッテリー液に溶けてなくなるため、硫酸鉛が付着することによる劣化を最小限に抑えられるんです。

自動車バッテリーの劣化を最小限に抑える正しい保管方法に関連するコンテンツ